山岳共済会保険について>団体傷害保険の種類

団体傷害保険の種類(家を出てから帰るまで、日常の傷害事故も補償しています)

平成24年度 団体傷害保険<山岳登はんコース>

通常の登山からロープ、アイゼン、ピッケルを使用する登はんまで幅広く補償しています。
傷害時の入・通院費用の補償については、1S、1B、1C、1Eの4タイプを用意しています。

 

平成24年度 団体傷害保険<軽登山コース>

ハイキングや軽登山などロープ、アイゼン、ピッケルを使用しない場合の事故に対して補償されます。

※軽登山コースの救援者費用は疾病の時には補償されませんのでご注意ください。

団体傷害保険<海外山岳コース>

契約基本タイプ
死亡・後遺  100万円
遭難・捜索  500万円
個人賠償  1億円
保険料は対象の山岳、日数により個別に見積りすることになりましたので 山岳共済事務センターにお問合せ・申込をお願い致します。

■保険料の例
保険期間9日迄 3,910円
30日迄 7,300円