山岳共済会山岳保険について>よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問(工事中)
よくあるご質問
 「登山コース」とハイキングコース」の違いは?
 登山コース」は、ピッケル、アイゼン、ザイル等の登山用具を使用する登山中の事故を対象 としております。一方、「ハイキングコース」は、前記の登山用具を使用しない、普通の登山(ハ イキング等)中の事故を対象としています。
 病気(既往症)が原因で遭難・捜索活動が必要になった場合、遭難捜索費用と救援者費用は支払ってもらえますか?
 登山コースJの遭難捜索費用であれば、既往症に関係なく疾病によって遭難した際の遭難捜索費用保険金は、お支払対象となります。しかし、「ハイキングコースJの救援者費用は急激かつ偶然な外来の事故による費用ですので、疾病が原因で事故が発生したときは、救援者費用は補償の対象外となります。
 補償は登山中の事故に限りますか?
 登山中に限らず、日常生活や業務中に起こった事故も補償します。
 登山中の賠償責任事故は、過去にどんなものがありましたか?
 以下のような事故に対し保険金をお支払いしております。
  ①クライミングの確保に不備があり、クライマーが墜落し、打撲した事故。
  ②登はん中にビレーを解除してしまったために相手が落下した事故。
  ③沢登りの際にバランスを崩し、それを救おうとした相手が落下した事故。
※保険金をお支払いするのは、法律上の損害賠償責任を負われた場合に限ります。