登山登山と計画>計画書(届)の作成

登山計画書(届)の作成と提出

情報の入手

計画をつくることで、登山の一歩がはじまります。山に思いを巡らせて 目的にあった情報を入手します。

  • 危機管理(危険回避のシミュレーション)
    登山で予想される危険について見直し、力量にあった、余裕ある登山を考えよう。
  • 登山地域の情報
    インターネットを利用すると地域の情報や登山記録などが簡便に入手できる。
    ■ 地図(25,000分の1)・ガイドブック
    地図は入山中も必須の情報となります。
    ネット情報(警察等の出す登山情報)
    インターネットを利用して最新情報を入手しよう。
    ■ 交通情報
    アプローチの道路規制などもをチェックしよう。
  • 食糧・装備を確実する
    ■ 装備表
    季節・行動に見合った服装や道具をリストアップして、入山前には必ず「道具が確実にはたらくこと」をチェックしよう。
    ■ 食糧計画
    栄養不足・食糧不足・水不足にならないように。
    ■ 行動表
    余力をのこした行動日程や、万一の場合のエスケープルートを確実にする行動プランをたてよう。
  • 気象情報
    週間予報、長期予報など入山前まえからチェックし入山の時期など良いコンディション下の登山に心がけよう。


グループで登山するような場合などでは、役割(リーダ、記録、会計、食糧・・)を 明確にして、リーダーやメンバーの力量に見合った計画づくりが望まれます。

プランの共有化

登山計画は書類にまとめることが必要です。メンバーのほか家族友人など周囲の人々と計画の内容について理解がよういとなり、諸先輩や経験者などの登山に対するアドバイスが得られたり、万一の場合の迅速な対応が可能となります。
登山計画書の必要性について列挙しますと次のようになります。

  • 登山予定や必要装備・食糧を明確にする。
  • 家族や関係者への説明として供する。
  • 捜索・救助活動での早期発見や対応に役立つ。
  • 何時、誰が、何処で、何を、どのようにするかを明確にする。
  • 事故時の対応の明確化する。

 

計画書の様式

計画書を書類にする場合には、特に決められた様式というものはありませんが、インターネットなどでは各種の電子化フォームがアップされています。このような例をダウンロードして利用するのことが 出来ます。

関係情報

 

登山計画書(登山届)の提出先は次の通りです。

  • 家庭、クラブ(山岳会)、職場、学校
  • 山域の登山指導センターや案内所、登山口のと登山届ポスト
  • 登山山域の都道府県警察本部地域課または山域を所管する警察署・交番・駐在所
注:谷川岳、剣岳については条例に基づく登山届提出義務があります。 
詳細については、ここをクリックでご覧ください。