知床で自然遺産条例の周知を呼び掛け

2016.04.03

北海道環境生活部環境局から、知床世界自然遺産地域における登山用携帯トイレの使用呼びかけ及び北海道知床世界自然遺産条例の周知について通知があった。概要は次の通り。


(以下通知文からの抜粋)

知床ならではの良好な登山環境を維持・向上させるため、平成20年度から、斜里町、羅臼町、環境省、林野庁及び北海道の連携・協力のもと、登山客の皆様に、携帯トイレ使用の呼びかけを行っています。
 平成28年度も引き続き同様の呼びかけを行うこととしており、別添のとおりリーフレット(PDFファイル)を送付しますので、貴会会員の皆様への配布等について、昨年同様、ご協力いただけますようお願いします。
 また、北海道では、本年3月、知床世界自然遺産の保全と適正な利用を推進し、これをより良い形で将来の世代に引き継いでいくため、北海道知床世界自然遺産条例(平成28年北海道条例第10号)を制定しました。


>
画像クリックすると広報用パンフレットのPDF版がご覧頂けます。