安全登山講習会

安全登山講習会

山岳レスキュー講習会
このページの掲載内容は次の通り(それぞれのクリックにてページ内へジャンプします。)

レスキュー技術の普及と指導者の養成のために山岳レスキュー講習会を開催しております。講習会は年2回夏・冬開催され予想以上の参加者数となっております。講習内容は主に個人やパーティーの力量をあげる項目に絞り、それにレスキュー関連の専門家を講師に招き充実した講義が受けられるようにしております。
平成28年度 山岳レスキュー講習会(東部地区※1)開催要項
この開催要項のPDF版をご覧になる場合には、ここをクリック願います。
申し込みフォームは、ここをクリック願います。

◆主旨
 無積雪期登山での遭難防止及び遭難事故現場で必要な登山者の救助技術の習得・研鑚を目的とする。

◆期日
 平成28年9月9日(金)13:00~9月11日(日)13:00

◆協力
 富山県山岳連盟

◆会場
 受付集合・実技会場・机上講習・宿泊場所
 〒930-1415 富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂6
 独立行政法人日本スポーツ振興センター 国立登山研修所
 TEL:076-482-1211 FAX:076-481-1534

◆応募資格および定員
 1)応募資格 一般登山技術 又は クライミング技術をお持ちの方
 2)募集定員 45 名(経験及び希望に応じてクラス分け致します)
 一般登山者、他団体加入の方でも受講できます。

◆コース編成および講師
 縦走・ハイキングレスキューコース 定員15名)
 講師:日山協遭難対策常任委員 縦走・ハイキングに於けるセルフレスキュー講習を行います。

クライミング-セルフレスキューAコース (定員10名)
 講師:日山協遭難対策常任委員
 クライミングに於けるセルフレスキュー基本技術の確認・実践を行います。

クライミング-セルフレスキューBコース (定員10名)
 講師:日山協遭難対策常任委員
 ライミングの於けるセルフレスキューのシュミレーションを主に行います。

クライミング-ワークレスキューコース (定員10名)
 講師:日山協遭難対策常任委員
 主にクライミングに於ける救助隊組織をイメージしたレスキュー技術について講習します。

◆講習日程・内容
 PDF版要項yを参照願います。

◆参加申込
 1)申込方法 別紙申込書によりFAXにて申込むこと。
 2)申込先 (公社)日本山岳協会事務局(内) 遭難対策委員会
 〒150-8056 東京都渋谷区神南 1-1-1 岸記念体育館
 FAX 03-3481-2395
 3)申込期間 平成28年8月1日(月)~22日(月)
 申し込まれた方には8月から1週間ごとに受付可否返信致します。
 受付可否返信が着かないときは恐れ入りますが電話にて確認願います。
 TEL 03-3481-2396 (公社)日本山岳協会事務局

◆修了証の授与
 この講習会に全日程参加し、修了したと認められた者には修了証を授与する。

◆その他留意事項
1)受講費 10,000円(2泊宿泊代、9日夕食より11日朝食まで5食、教材費、消費税含む)
  ※今回の宿舎は一部セルフサービスとなっておりますのでご協力願います。
2)受講費払込 8月31日までに「山岳レスキュー講習会 無雪期」と明記のうえ
  郵便振替口座 00110-5-546693 加入者名:(社)日本山岳協会 に振込みのこと。
3)参加取消し 9月7日以降参加取消しは5,000円返金
4)その他の費用 会場までの交通費は、受講者の負担と致します
5)保険 主催者にて傷害保険に加入します。
6)講習会持参用具 別表-3に記載
7)※1 本事業は東部地区対象事業ですが、本年度は西部地区の方も参加できます。
8)この事業はスポーツ振興くじ助成金を受けて実施しています。

◆開催要項のPDF版
この開催要項のPDF版をご覧になる場合には、ここをクリック願います。  

平成28年度山岳レスキュー講習会(積雪期・東部地区)
◆趣旨
 雪崩知識の普及と遭難事故現場で必要な登山者の救助技術の習得・研鑚を目的とする。
◆期日
 平成29年1月27日(金)~29日(日)
◆会場
 受付・宿泊:土合山の家
 〒379-1728 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽土合220
 TEL:0278-72-5522
 http://www.doai.tv/index.html
◆応募資格及び定員
1)応募資格
 ①日本山岳協会所属団体会員 及び 一般
 ②一般登山技術 又は 雪上技術をお持ちの方
2)募集定員 42名(クラス1:12名、クラス2:20名、クラス3:10名)
3)クラス
 ①クラス1(雪崩地形、積雪安定性、グループマネジメント、ビーコン捜索)
 日本雪崩ネットワークの登山者対象のセイフティキャンプに準じています。
 ②クラス2(雪質観察、ビーコン基本操作、雪崩の予防、シェルター、低体温症)
 ③クラス3(事故発生から搬出までのレスキュー技術、低体温症)
  なお、クラス3はロープワークを含む基礎技術習得済みの方を対象とします。
◆講師
 日本山岳協会遭難対策委員会常任委員、日本雪崩ネットワーク講師
 (なお、講習内容・講師については事情により変更する場合があります。)
◆講習日程及び内容(別表―1)
 日程表に記載(講習内容に応じて変更となる場合があります。)
◆参加申込み
1)申込み方法 別紙申込書により、郵送又はFAXにて申込むこと。
2)申込み先
  FAX 03-3481-2395
  〒150-8056 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館
  日本山岳協会事務局(内) 遭難対策委員会
3)申込受付開始 平成28年12月1日(木)、締切 平成29年1月10日(火)必着
◆修了証授与
 この講習会に全日程参加し、修了したと認められた者には修了証を授与する。
◆その他留意事項
1) 受講費
 クラス1:一般21,000円、学生15,000円、
 クラス2、3:一般18,000円、学生 12,000円
 (全日程3日間の宿泊及び27日夕食から29日朝食まで5食、教材費など)
2)受講費払込 受講決定通知記載の期限までに下記口座に郵便振込とする。
 郵便振替口座名 00110-5-546693
 「氏名」および「山岳レスキュー講習会 積雪期」と明記のこと。
3)参加取消し
 参加取消しは電話又はFAXなどで明瞭に通知のこと。1月20日以降、24日までに参加取消した方はキャンセル料 2,000円頂きます。
 1月25日以降に参加取消した方には返金致しません
4)保険
 主催者で傷害保険に加入します。
5)講習会持参用具
 別表-2 持参備品に記載
6)※1 本事業は東部地区対象事業ですが、西部地区の方も参加できます。
7)この事業はスポーツ振興くじ助成金を受けて実施しています。

◆開催要項のPDF版
 この開催要項・申込みフォームのPDF版をご覧になる場合には、ここをクリック願います。 

Content menu

山岳
JMA
スポーツクライミング
山岳保険