山岳環境

山岳環境

未来に向けた自然保護

生物多様多様性の保全は、自然環境を永く持続するうえで不可欠な要素です。
地球規模での自然環境の悪化が進んでおり、山岳においても環境の悪化が目立っています。
私たちは、自然保護憲章にしたがい、自然に親しみ、自然の調和を保ち、素晴らしい自然を永く未来へ伝えたいと思います。 自然保護憲章について詳しくはここからご覧板だけます。 
日本山岳協会では、自然保護委員会・自然保護指導員制度の活動を通して、日本の素晴らしい山岳の自然を未来に残すべく努力しています。
 

自然保護委員会

  • 自然保護委員会では、山岳にかかわる自然保護の諸問題について討議検討し、具体策を提起推進しています。
  • 自然保護委員会では、常任委員を設け、全国山岳連盟の推進役として活動しています。
  • 自然保護委員総会が年に1度開催され、全国山岳連盟から集まった委員により、意見交換を行っています。
  • 自然保護委員長会議が自然保護委員総会開催日に同総会に先立って行われ、全国山岳連盟(協会)の自然保護委員長により、総会の進行を含め重要事項の協議を行っています。

自然保護指導員制度

全国で約1414名(H26年度)が活躍中です。
自然保護指導員は47都道府県にあります山岳連盟(協会)の推薦を受けて、(公社)日本山岳協会が公認しています。
山の自然の素晴らしさを知り、山の自然の大切さを一人でも多くの登山者に伝えることを目的とし、自然保護指導員制度を設け、指導員による活動を推進しています。

関係団体との連携活動

山岳団体自然環境連絡会へ参加:
日本の主な山岳団体(弊協会ほか,日本勤労者山岳連盟,日本山岳会,日本ヒマラヤンアドベンチャートラスト,東京都山岳連盟,山のECHO)で組織する「山岳団体自然環境連絡会」の活動に参加し、国内外の山岳自然についての情報交換や問題討議を行っています。
山はみんなの宝憲章の支持:
自然保護委員会は山はみんなの宝憲章の支持しています。神﨑日山協会長はこの憲章の賛同呼びかけ人の一人でもあります。

啓発活動

公開セミナーの実施:
自然保護指導員研修会や常任委員研修会等の機会を利用して開催される公開講座を開催したり、常任委員研修会の野外活動に際し一般登山者へのPR、環境保全の民間団体等と情報交流をするなど、山岳自然の環境保全について対外的な働き掛けを行っている。
 

日山協自然保護ニューズレター

日山協の自然保護活動を伝えるユーズレターです。四季それぞれの年4回の発行をしています。

野生鳥獣目撃レポート

山岳団体自然環境連絡会のプロジェクト活動として、野生鳥獣目撃レポート・プロジェクトを主導しています。

調査報告

Content menu

山岳
JMA
スポーツクライミング
山岳保険