MOUNTAINEERING

山岳

遭難対策活動

遭難対策委員会

遭難対策委員会は概要で述べた内容を実施するため常任委員を核に活動しています。また、年に一度、各山岳連盟(協会)の委員を集めた遭難対策委員総会を開催し、諸課題について研究討議をしています。

 

山岳遭難対策中央協議会

幹事会を核にし、関係省庁や団体との協力により、年末年始の冬山や連休時の春山の登山に向けて、警告リーフレットを各学校等に配布して事故防止に努めるとともに、全国山岳遭難対策協議会など安全登山に関する諸事業を行っています。 幹事会は、警察庁、環境省、気象庁、消防庁、文部科学省、スポーツ庁、独)日本スポーツ振興センター、公社)日本山岳・スポーツクライミング協会 で構成されています。

発信情報

「令和4年 冬山登山の警告文」

全国山岳遭難対策協議会

全国山岳遭難対策協議会は遭難事故を防止するため、山岳や遭難対策関係者が集まり山岳遭難の原因等について研究討議し、今後の遭難対策の具体的施策に役立てるのを目的に設立されたもので日山協は警察庁、環境省、気象庁、消防庁、文部科学省等とともに幹事団体として参画し、遭難事故防止活動の全国的な展開に取組んでおります。